真空技術課  N . W 2016年入社

製品の真空二重構造を完成させる。

真空技術課では、他部署で製造された魔法瓶やタンブラーのパーツ2種類以上を組み合わせ、ひとつの形に溶接。真空炉に入れて処理を施すことで、当社製品の最大の特長である「真空二重構造」を完成させています。また、真空炉が正常に稼働しなければ製品を完成させることができないため、炉のメンテナンスも重要な仕事のひとつです。

仕事のやりがい

お客さまの感動。これに尽きます。

私たちのつくった製品のひとつひとつがお客さまの手に渡り、品質や美しさに感動したり、喜んでいる姿はやりがいに直結します。私自身、真空二重チタンタンブラーに感動したことが入社を決めた理由です。これからも自分が体験した感動をお客さまに届けていくために、情熱を持って仕事に臨んでいきたいと思います。

思い出に残っている
エピソード

初めての製品は忘れられません。

初めて自分が溶接したタンブラーが真空処理され、真空炉から出てきた時は感慨深く、今でも忘れることのできない出来事になっています。当社の魅力は、やる気次第で色々な仕事を経験できること。学生時代から人事に関わる仕事もしたいと思っていたのですが、1年目から学生向け合同企業説明会に参加させてもらいました。この経験も思い出に残っています。

今後の目標

子どもたちの憧れの会社にしたい。

SUSという会社を、燕市や県央地域、ひいては新潟県全域の小・中・高校生が憧れる会社にすることが目標です。まだ上司に教えてもらいながら仕事を覚えている段階で、今は大きすぎる目標かもしれませんが、日々そんな未来を思い描きながら仕事に当たっています。また、社内では若手主体のプロジェクトも進行しています。会社をさらに成長させていくために、色々な経験を積んでいきたいと思います。